Mt. Top Of the World

どうしよう?生まれてくる我が子に付ける名前選び

赤ちゃんの命名は誰がする?

生まれて来る赤ちゃんの誕生は夫婦にとって最高の喜びです。お腹の中の赤ちゃんに語りかけるママの姿は、母性本能に包まれ美しいものです。優しくお腹をなでながら、ふと妊婦さん「この子の名前はどうしよう?」かと思います。赤ちゃんの命名は誰がすればよいか悩んでしまう方もいるかもしれません。夫婦で相談し決める方がほとんどかもしれませんが、赤ちゃんの誕生はみんなが待っているので、出来ればお互いのご両親にも相談されるとよいですね。

時代の変化と共に命名の仕方も変わっています

子供の名前は時代と共に流行りがあります。昭和の時代は、女の子に子がつく名前が一般的でしたが、今はほとんど聞くことがなくありません。また日本が国際化を唱え始めた頃から親は子供に海外進出を見越しはじめ、錦織圭など英語で言いやすい命名の仕方も増えて来ました。また最近ではキラキラネームと呼ばれる名前を付ける親御さんが増えて来ました。更に命名は進化し漢字のイメージを大切にしてかつ英語でも読めるような名前も増えてきています。

これからの世代の命名の傾向は?

若い親御さんたちが命名するキラキラネームが一般的になってきました。しかし高齢者にとってはとても難しく読みづらい傾向があることは当たり前ですが、今や幼稚園や小学校の子供の名前に対してのプロでも悩んでしまうほどだそうです。これからもこのキラキラネームが流行るのかと思いきや、実際は少し変わってきているようです。ご高齢の方から「いい名前ね。」と言ってもらえる親しみやすい名前を好む親御さんを増えてきています。

好きな人がいる時は、子どもが生まれた時などに、姓名判断を気にする傾向があります。そのような場合、占い師に相談する方法がおすすめです。

Comments are closed.